このページの先頭へ

適正な損害賠償金を受け取るためには三浦行政書士事務所へ

後遺障害「非該当」から14等級に認定された事例

 

(1)事故の概要

交差点で信号待ち停車中に、後方から走行してきた乗用車に追突された車対車の事案
過失割合0%

 

(2)治療日数、後遺障害の有無

総治療日数:569日
実通院日数:238日
後遺障害等級:保険会社の事前認定では「非該当」とされた
後遺障害を主張して、専門家の算定し直した額で保険会社と交渉

 

(3)被害者の損害

 

 @保険会社からの損害金提示内容

損害項目

金額

治療費

2,394,071円 (実費)

通院交通費

43,320円

休業損害

73,192円

傷害慰謝料

1,008,000円

後遺障害慰謝料・遺失利益

0円 (非該当)

合 計

3,518,583円

 

 A保険会社に提示した内容

損害項目

金額

治療費

2,394,071円 (実費)

通院交通費

43,320円

休業損害

73,192円

傷害慰謝料

1,079,333円

後遺障害慰謝料

1,000,000円

後遺障害遺失利益

508,804円

合 計

5,098,720円

 

 B最終合意した内容

損害項目

金額

治療費

2,394,071円 (実費)

通院交通費

43,320円

休業損害

73,192円

傷害慰謝料

1,200,000円

後遺障害慰謝料・遺失利益

1,179,988円

合 計

4,890,571円

 

当初の保険会社提示額から1,371,988円の増額となった。

 

 

 

 

  戻る

関連ページ

後遺障害等級一覧
後遺障害認定は、自賠責損害調査事務所によって認定してもらう必要があります。 手続きについては、「事前認定」に任せるより、被害者が直接自賠責保険に対し後遺障害の申請をするほうが、より重い等級の認定を受けられる可能性があります。
当事務所でお手伝いできること 〜交通事故編〜
三浦行政事務所は、「行政書士」等専門の法律家が発起人となって設立した「NPO法人交通事故相談・安心サポート」に加入しております。当会では、交通事故被害者の方に対し、関連知識を提供し、納得のいく損害賠償金を受け取っていただくためのサポートをしております。
損害賠償金が増額した事例【CASE1】
過失割合が90対10と被害者側に大きな過失があった場合、「被害者請求」を先行することで、被害者にとって有利となる事例です。自賠責保険は、過失割合がそのまま損害金に反映されるわけではなく、後遺障害、死亡に係るもので過失が100%に満たない場合は5割の減額で済みます。
損害賠償金が増額した事例【CASE2】
被害者の方が有限会社の役員であるとのことで休業損害を0円と査定された。「交通事故相談・安心サポート」で専門家を紹介し、計算し直し保険会社に提示した結果、後遺障害に係る損害金も含め大幅に増額した事例

 
HOME 交通事故の請求手続き 離婚協議手続き 成年後見制度の利用 敷金返還トラブル その他業務 報酬額一覧