このページの先頭へ

離婚協議の手続きは三浦行政書士事務所へ

当事務所でお手伝いできること 〜離婚協議編〜

公証役場

人生最大のイベントでもある「結婚」。赤の他人同士が寄り添い、将来平穏無事に添い遂げることは、決して容易なことではありません。「離婚」の二文字が頭をよぎったとしても、離婚後の生活のこと、子供のこと、体裁などを考え躊躇してしまったり、夫婦間でどんな話し合いをしていいか分からず、結果、幸せでもない夫婦生活をズルズル続けてしまうことも考えられます。夫婦関係の修復により元のさやに収まるに越したことはありませんが、離婚を決意し、新たなスタートを踏み出す覚悟を決めたなら、速やかに相手との協議を始めることが重要です。
調停や裁判などの紛争は避け、できれば夫婦間の話し合いで解決したいとお考えであれば、行政書士がお役に立てます。

 

こんなときはご相談ください 〜離婚協議書作成のすすめ〜

 

紛争(裁判・調停)は避けたい

離婚の話し合いを進めるにあたり、法律上の知識は必要になってきます。また、離婚の協議内容や具体的な手続きなどに漏れ、誤りがないかは専門家に確認してもらうことも大切になってきます。お互いが離婚協議のテーブルに着いて十分に話し合いができるなら、わざわざ高い費用を払って弁護士に相談することも、裁判や調停に訴えることも必要はありません。行政書士は、相手方配偶者との条件交渉や裁判手続きの代理人となることはできませんが、「離婚協議の内容のチェック、その内容の書面(離婚協議書)にする、離婚における法律知識の提供」は専門とするところです。万一、協議が不調となり紛争になってしまったときは、必要に応じて弁護士のご紹介も致します。

 

協議内容を書面にしたい

「離婚」を扱うウェブサイトの中に離婚協議書のサンプルをよく目にします。そのサンプルを参考に自分で作成することは可能ですが、それぞれ家庭の事情も異なり、そっくりそのまま利用することはできないと思われます。夫婦間で話し合った協議内容を具体的に書面にすることは、時間もかかり大変な作業となります。協議内容をまとめたものや自分で作成した書面は、法的に不備がないか、協議内容に漏れはないかなど専門家にチェックしてもらったり、更に公正証書の案文として作成し直してもらうことで適正な「協議書」となります。

 

  >>>「離婚協議書のサンプル」はこちら

 

 

離婚公正証書を作成したい

「離婚公正証書」は公証人に作成してもらいます。公証役場に出向いて、離婚協議の内容を示し、その協議内容に必要書類を添えて、更に、協議内容の聞き取り、作成案文の確認など経たうえで公正証書の締結へと移行します。一般の方で公証役場へ出向くことはあまりないですので、要領を得ずに困惑することがあるかもしれません。また、手続きや必要書類の取得に関して、仕事を休まなければならないといった支障が出るかもしれません。行政書士が、面倒な手続き、書類の取得を代行し、速やかに公正証書締結までお運びいたします。

 

 

 

 

 

 

問い合わせ

 


   メール

 

 

HOMEへ戻る

関連ページ

養育費算定表
身上監護をしない親は、その未成年の子どもに対し、「生活保持義務」を負うとされています。「養育費」は、この「生活保持義務」に基づき負担しなければならないため、夫婦双方の収入を照らし合わせて金額を割り出すという手法(養育費算定表)が使われています。
婚姻費用算定表
「婚姻費用」は、“夫婦の一方が家を出て別居状態”、“同居していても収入がある一方が生活費を負担しない状態”にある場合に、生活に困窮する側が相手方に生活費として請求できるものです。養育費の場合と同様に、算定表を用いて金額を設定することで協議がしやすくなります。
年金分割のための手続き
年金分割の手続きに関する説明は、様々なウェブサイトのどれを観ても難解で混乱してしまいます。 私個人的には、「日本年金機構」のリーフレットが一番わかりやすいと思います。
離婚協議書のサンプル
当事務所で作成した「離婚協議書」の内容をサンプルとしてご覧いただけます。家庭の事情によって内容は様々となりますが、一般的な事例をピックアップいたしました。

 
HOME 交通事故の請求手続き 離婚協議手続き 成年後見制度の利用 敷金返還トラブル その他業務 報酬額一覧