このページの先頭へ

離婚協議の手続きは三浦行政書士事務所へ

当事務所で作成した「離婚協議書」のサンプル

 

当事者の概要

【家族構成】(夫)41歳 会社員、(妻)42歳 パート従業員、(子)18歳 専門学校生、及び16歳 高校生
【婚姻期間】20年 
【離婚原因】性格上の問題
【財産等】預貯金120万円、不動産(居住用分譲マンション)、車両2台、その他家具・家電等
【離婚後の生活態様】夫名義の自宅マンションは、離婚協議開始と同時に任意売却による処分を予定しており、売却後実家へ戻る。妻は、2人の子を引き取り、賃貸アパートへ転居予定。

 

※「任意売却」とは、融資を受けた金融機関との合意に基づいて、住宅ローンの残債がある状態で不動産を売却する手続きのことをいう

 

 

離婚公正証書案文

 

 

 

  戻る

関連ページ

養育費算定表
身上監護をしない親は、その未成年の子どもに対し、「生活保持義務」を負うとされています。「養育費」は、この「生活保持義務」に基づき負担しなければならないため、夫婦双方の収入を照らし合わせて金額を割り出すという手法(養育費算定表)が使われています。
婚姻費用算定表
「婚姻費用」は、“夫婦の一方が家を出て別居状態”、“同居していても収入がある一方が生活費を負担しない状態”にある場合に、生活に困窮する側が相手方に生活費として請求できるものです。養育費の場合と同様に、算定表を用いて金額を設定することで協議がしやすくなります。
年金分割のための手続き
年金分割の手続きに関する説明は、様々なウェブサイトのどれを観ても難解で混乱してしまいます。 私個人的には、「日本年金機構」のリーフレットが一番わかりやすいと思います。
当事務所でお手伝いできること 〜離婚協議編〜
離婚を決意し、新たなスタートを踏み出す覚悟を決めたなら、速やかに相手との協議を始めることが重要です。調停や裁判などの紛争にせず、できれば夫婦間の話し合いで解決したいとお考えであれば、行政書士がお役に立ちます。

 
HOME 交通事故の請求手続き 離婚協議手続き 成年後見制度の利用 敷金返還トラブル その他業務 報酬額一覧